S-DLC事業に関する権利

従来のDLCの特徴

■ DLCを進化させたS-DLCの優位性
①DLC比2〜10倍のひずみに対する耐久性
②ゴム、軟質金属、プラスチック等にも対応。機械部材の寿命を大幅に延長
③膜の部分破損によるコーティング全体への影響を防止
一つのセグメントが剥離したとしても、隣のセグメントには影響が発生しない。
連続膜のDLCの場合は、全膜の剥離が発生する。
④面圧力等の使用条件により最適セグメント形状を選択可能
■DLCとS-DLCの性能比較
①引っ張り歪みのFEM解析
引っ張り歪みのFEM解析
セグメント構造DLC膜のひずみ解析結果から、基材がセグメント溝部で局所的に変形することにより、DLC膜に与えられるひずみを低減できることが理解できる。
 
②デブリのセグメント溝部への捕集効果
デブリが溝にトラップされることで、アブレシブ摩耗が抑制され、摩擦係数を安定化し、比摩耗量,相手攻撃性ともに低減する効果を発揮する。   デブリのセグメント溝部への捕集効果
 
③ハイブリッド化の一例:セグメント溝部に他物質(フッ素樹脂等)
フッ素樹脂等
 
④ボールオンディスク試験におけるDLC皮膜の耐久性比較
ボールオンディスク試験におけるDLC皮膜の耐久性比較
  2倍以上の耐摩耗性能
=溝部がデブリ(摩擦粉)を捕集
→アブレッシブ摩耗を抑制
溝部に第三物質を添加
→更に摩耗係数が低下

(注)このページの画像の出典:大竹尚登氏のホームページ

  • S-DLCとは
  • 特徴
  • 独占的な工業用使用分野
  • ページトップへ