特許出願中の独占的な工業用使用分野

① 締結材分野
締結材分野へのS-DLCの応用は、全て出願中の特許に包含されています。
○異種金属の締結(電蝕防止) 締結材分野
○ゆるみ防止
○容易な締結の解除
○低トルクでの確実な締結
○短時間での締結
       ↓
付加価値の高い締結に利用
●自動車用ハブボルト・ナット:確実な締結による安全性
●原子炉の締結材:被爆を最小限にする作業時間短縮
●鉄骨の締結 :メンテナンス・フリー
●精密機械の締結 :少ない入力でも確実な締結 等
② 耐フレッチング摩耗分野
ホイールとハブの間には走行中微小な相対すべりによるフレッチング摩耗が発生します。特にアルミホイールを装着した場合、ハブ(FCD600)とは異種素材であることから、この摩耗が急速に進行します。
フレッチング摩耗の防止を目的とする分野へのS-DLCの応用(連続膜のDLCを含む)は、全て出願中の特許に包含されています。
ホイール・ワクチン
左:高出力乗用車用
   「ホイール・ワクチン」
右:未加工品
商品化例
●自動車ホイール破損防止シム:「ホイール・ワクチン(仮称)」
●異種金属締結用シム
 
■ フレッチング摩耗とホイール&ハブ破損の機序・・・ホイール・ワクチンの効果
フレッチング摩耗とホイール
 
[ホイール・ワクチン(耐フレッチング摩耗シム)の組立図]
荷重だけでなく転舵の際の応力を受ける、特に前輪に装着することが有効である。
ホイール・ワクチン
ホイール・ワクチン
左:4分割された大型車用
「ホイール・ワクチン」
右:未加工品

(注)このページのイラストの原典:三菱ふそうトラック・バス㈱ホームページ/弊社加工

  • S-DLCとは
  • 特徴
  • 独占的な工業用使用分野
  • ページトップへ